〜小田急バス私設ファンクラブ〜

柿生駅北口の今昔

 柿生駅(川崎市麻生区上麻生5丁目)は、小田急バスにとっては町田、横浜方面への系統が集散する要衝です。大昔には吉祥寺駅からの直通系統も来ていました。例によって昔の写真が出てきましたので、今昔を見比べてみましょう。


Kakio Station(1974)

 ▲1974年3月の柿生駅北口です。街の中心は昔から南口で、北口駅前には何もなく、津久井道(世田谷通り)沿いに民家が点在する程度でした。麻生区は1982年の誕生で、当時は多摩区上麻生と言っていました。筆者がなぜ柿生駅にいたのか確かな記憶はありませんが、当時住んでいた三鷹市内から吉14系統と柿24系統を乗り通し、小田急線で狛江に戻る途中と思われます。

Kakio(2003)

 ▲2003年7月11日、上記とほぼ同じ位置で撮影。背後に片平の山が見えるものの、駅前にはマンションやスーパーマーケットが建ち並び、様子はすっかり変わりました。筆者も29年の間にいろいろな事があって、以前は遠い所だと思っていたこの柿生ですが、何とここで暮らすことになろうとは…。

F9299

 ▲2009年10月15日、再び同じ場所から撮影しました。右手に見えるマンションは近年建設されたもの。さらに見えづらくなってしまった片平の山ですが、今度は尻手黒川道路の延長によって、山そのものも大きく変容するのではないかと思われます。止まっているバスは今年入ったエルガ、09-F9299号車です。

F258

 ▲2012年1月8日、ほぼ同じ位置ですが、片平の山は完全に見えなくなってしまいました。右のビルは東日本大震災の後に建設され、耐震構造であることを大きくアピールする横断幕を掲げて工事していたのが印象的でした。当たり前の仕様なのですが…。


Odakyu Bus Private FC Top
雑記帳
新車速報
車両図鑑
実録シリーズ
今昔物語
除籍車両調査会
シンメトリー
資料室
掲示板
バスのリンク集